MENU

シェービングは必要

サロンで脱毛の施術を受ける場合、ほとんどが自分でムダ毛の処理をしてくるようにと言われます。

サロンによっては、当日毛が伸びすぎている部分や傷跡がある部分は
照射してもらえない可能性があるので、事前の自己処理には注意が必要なのです。

ジェイでもやはり事前に自己処理をしてくるようにと言われます。

事前のシェービングは必要

人によって毛の伸びる速さが違うので一概には言えませんが、たいていの人は施術を受ける2日前にきれいに自己処理をしておくと、当日脱毛にちょうどいい状態になっています。

ジェイで行われるフラッシュ脱毛は、特殊な光を毛根のメラニン色素に反応させて脱毛を行います。そのため、毛が伸びすぎていると毛の方に反応してしまい、毛根にダメージを与えられなかったり、やけどの原因となってしまう恐れがあるのです。

逆に、当日など自己処理を仕立ての肌では肌自体が光のダメージを受けやすかったり、毛根にもうまく反応しない可能性があります。そのため、脱毛をする時には毛が1・2o伸びている状態つまり2日前に自己処理をしておくのがベストなのです。

とはいえ、ジェイでは自己処理が不十分な場所は丁寧にシェービングをしてくれるので肌を傷つけない程度に自己処理をしていけば心配いりません。

逆に、無理にきれいに処理しようとして肌を傷つけてしまうと、その部分は照射できなくなってしまうので肌を傷つけないよう丁寧に自己処理をしていくことが大切です。また、自己処理の方法としてはカミソリや毛抜きだと肌への負担が大きいためシェーバーによる処理がおすすめです。


シェーバーは直接肌を削る心配がないので
普段から利用するといいでしょう。

ちなみに、私が普段使っているのが「ノーノーヘアー」です。

皮膚に非接触型なので、皮膚を痛める心配もありません!
この他に施術を受ける前は
極度な日焼けや肌荒れがないよう気を付けましょう。

日焼けをした肌では毛根ではなく肌のメラニンに光が反応してしまい、脱毛効果があまりなかったり、やけどの原因となってしまいます。また、ニキビや傷跡も同じような心配があります。普段以上に脱毛の前は肌のお手入れには気を付けておくといいでしょう。

トップへ